2023年12月

仮面ライダー

【仮面ライダー】67話「ショッカー首領出現!! ライダー危し」感想・考察(ネタバレ有) 世界の悪が日本に集結

アルプスの山小屋に潜伏するFBI捜査官「ピエール・アンドレ」は日本支部の滝和也に通信を送る。 アンドレはショッカーの重要な情報を掴んだようだ。 内容は「日本の真鶴海岸にショッカーの最高機密作戦書が送られる」というものだ。 情報内容を繰り返し確認する滝。だが妨害電波により通信が不安定となる。 山小屋からの電波をキャッチしたショッカーに妨害を受けたのだ。 アンドレは怪人「ギリザメス」に襲撃され命を落とす。 アンドレの死を悟った滝はかたき討ちを誓う。

仮面ライダー

【仮面ライダー】66話「ショッカー墓場 よみがえる怪人たち」感想・考察(ネタバレ有) 神が復活祭

獲物がいない素潜り漁師の2人は海から引き上げようとしていた。 そこへ怪人「カミキリキッド」が現れる。 カミキリキッドは男を1人を白い粉で殺し、もう1人の男「加藤」を生きたまま捕らえた。 加藤は日本にあるショッカー墓場で怪人を蘇らせる「悪魔祭り」の生贄として捕まったのだ。 ショッカー墓場の祭壇に加藤を生贄としショッカー首領が悪魔の力を放つ。 加藤は消え「ハリネズラス」、「ジャガーマン」、「サイギャング」、「毒トカゲ男」、「ザンジオー」の5体の怪人が復活を遂げる。

仮面ライダー

【仮面ライダー】65話「怪人昆虫博士とショッカースクール」感想・考察(ネタバレ有) 仮面ライダーと一緒にカブトムシを狩ろう!

遊園地に集まる子供たちに呼びかける。 「仮面ライダーと一緒にカブト虫をとろう!!」 そんな子供たちにとって夢のようなイベントの募集をかける男がいた。 子供たちは食いつき次々とバスに乗り込み、定員一杯となるとバスは走り出す。 バスに乗れなかった子供の中で仮面ライダーのヘルメットとサイクロン号の三輪車に乗るひときわ目立つ少年「浩一」は三輪車でバスを追いかける。 そんな浩一の姿を見て微笑ましく思い話しかける猛と滝。 そこで浩一から妙な話しを聞く。

仮面ライダー

【仮面ライダー】64話「怪人セミミンガ みな殺しのうた!」感想・考察(ネタバレ有) 音波拡大解釈拡大

森でセミ取りをしているナオキたちの前に不審な男が現れる。 その男は土地の所有者を名乗り、ナオキたちからセミを取り上げ追っ払う。 だが男は土地の所有者などではなくセミを売買しようとしており、労せずナオキたちからセミを頂いたというわけだ。 男がほくそ笑んでいると頭をつんざくような不快な音に見舞われる。 苦しむ男の前に怪人「セミミンガ」が姿を現す。 セミミンガは男の血液を吸い尽くしてしまう。 その様子を虫取り網を忘れてたことに気づき戻ってきたナオキが目撃する。

仮面ライダー

【仮面ライダー】63話「怪人サイギャング 死のオートレース」感想・考察(ネタバレ有) 二兎を諦めず負うものは二兎得る

日に控えた「東日本ロードレース選手権」に出場するため最終調整を行う猛と滝。 調整は上々で2人とも優勝を狙えるタイムを叩き出す。 だが彼らには今大会最大のライバル「勝丸功」という存在がいる。 優勝してアメリカ行のキップを手に入れ、弟の足を完治させたい功は死に物狂いで勝ちにくることだろう。 一方その頃ショッカーはアフリカ支部から派遣される新怪人「サイギャング」の到着を待っていた。 サイギャングは道路を警備員の制止を無視してバイクで200キロものスピードで走り抜ける。 アジトに到着したサイギャングは早速、死神博士から任務を与えられる。

仮面ライダー

【仮面ライダー】62話「怪人ハリネズラス 殺人どくろ作戦」感想・考察(ネタバレ有) 針のとばっちり

夜道を歩く男女カップルは草むらで不気味な物音を聞く。 草むらを凝視していると闇夜から黒光りするものが揺らめく。 揺らめく物体が立ち上がるとそこには全身針に覆われた怪人「ハリネズラス」が現れる。 男性、女性とハリネズラスの「殺人針」で身体が溶けて白骨死体と化してしまう。 そして女性の悲鳴を聞いて駆け付けた警官2名もハリネズラスの餌食となってしまう。

仮面ライダー

【仮面ライダー】61話「怪人ナマズギラーの電気地獄」感想・考察(ネタバレ有) 大地よ!光よ!太陽よ!

房総沖50海里に潜水艦の浮上を確認した自衛隊戦闘機のパイロット「JW-20」。 国籍不明のため不審に思い本部に報告するJW-20。 次の瞬間、潜水艦は戦闘機目がけて砲弾を放ち撃墜されてしまう。 国籍不明の潜水艦の正体は死神博士率いるショッカー軍団。 彼らは地獄大使がアジトを構える「行川アイランド」の地下に向けて潜航する。

仮面ライダー

【仮面ライダー】60話「怪奇フクロウ男の殺人レントゲン」感想・考察(ネタバレ有) 手動時限爆弾

ショッカーはレントゲンをさらに強化した「殺人レントゲン」を目に取りつけた怪人「フクロウ男」を生み出していた。 その威力を試す為、フクロウ男はアジトを飛び出した。 テニス帰りの男女、テニスコーチ「田代」とその生徒である「野沢桃子」、「松山トリ子」がフクロウの鳴き声を聴く。昼間なのに奇妙だ… その後、田代と女子2人はそれぞれ別れたあと、田代がフクロウ男に襲われ殺人レントゲンを受けてしまう。 田代の叫び声に気づき2人が駆け付けた頃には田代は白骨化してしまっていた。

仮面ライダー

【仮面ライダー】59話「底なし沼の怪人ミミズ男!」感想・考察(ネタバレ有) 過ちの放射能

柿沼で2人の男性が釣りを楽しんでいると竿が大物を捉えたように大きく揺れる。 期待を大にして獲物を引き上げるもそれは巨大なミミズの化物、怪人「ミミズ男」だった。 ミミズ男は2人を「殺人リング」なるもので絞死させる。 どうやら柿沼の下はショッカーアジトだったようだ。 ショッカーアジトでは「放射能作戦」なるものの計画が進行していた。

仮面ライダー

【仮面ライダー】58話「怪人毒トカゲ おそれ谷の決斗!!」感想・考察(ネタバレ有) 神の雫

深夜「大田黒研究所」では正に今、神に逆らうような発明が完成しようとしていた。 その発明品の名は「Xアルファー液」。 この液体は死体を生き返らせることのできるとんでもない液体だ。 科学の力で自然の摂理すら揺るがしかねない発明だ。 そんな神の領域に及ぶものをショッカーが見逃すはずがない。